金沢大学医薬保健学域保健学類 金沢大学大学院医薬保健学総合研究科保健学専攻

放射線技術科学専攻 - 保健学類5専攻

専攻の理念

放射線技術科学専攻では学部教育の充実をはかり、チーム医療を担う一員として医療現場で活躍することができる放射線技術者を送りだすとともに、臨床現場におけるアイデアや応用技術を研究に結び付けることができる探究心にあふれた人材を養成することを目標としている。 pCo-medicalの一翼をなす放射線技術者として医療の質を高めようとする意欲ある学生が集い、より高レベルの教育・研究が行える場とすることを企図している。

専攻案内

放射線技術科学は最先端の医療技術を用いて医用情報を得ることを目的とする実践医学です。医学や薬学,さらに理工学を幅広く修得し,人間性豊かな放射線技術者の養成を目指します。

当専攻を卒業すると「診療放射線技師」の国家試験受験資格が得られます。その仕事の内容は,現在ではX線写真を撮影するのみならず,X線CT,MRI,核医学,血管造影,超音波検査と多岐にわたります。体の中の状態を目でみることは,昔は外科医だけの特権でした。しかし現在では患者さんの体を切ることなく,これらの検査でかなり詳しく分かるようになっています。

診療放射線技師はその様な情報を臨床医に提供する立場にあります。さらに病気の診断だけでなく,癌の治療において重要な地位を占める放射線治療にも携わることになります。このとき放射線技師は毎日患者さんに接します。病気は良くなっているか,放射線障害は強く出ていないかチェック出来る能力を養うことが必要です。

日本では広島や長崎の原爆投下があったため,放射線や放射能は怖いものというイメージがあるかもしれませんが,その性質を知って正しく用いれば病気の診断など人類に多大に貢献するものとなります。

また、放射線技師がどれだけ放射線を浴びているかということもきちんとモニタされており,その量も許容量を遙かに下回っています。

本専攻は,医学,理工学や放射線に関連した基礎を主に教育研究する教員,それらを統合し放射線診断や治療に役立つ技術を教育研究する教員,さらには放射線診療に関与する教員などで構成され,幅広い分野をカバーしております。教員はそれぞれの専門分野をいかし,学生の個々の基礎能力を培い,最先端技術の研究開発に即応できるよう努めております。

また医療分野だけでなく,社会の要請に応えて教育分野,診断や治療で使用される機器の研究開発分野でも活躍できる人材を育成します。
当然ながら機械やコンピュータなどを多く扱います。その方面にある程度の知識と興味が有れば研究の幅が広がります。また最近はPCを使った画像処理が盛んになっていて扱う機会も多いと思います。

当専攻では,画像処理やラジオアイソトープ関係の専門家が多くいますので,それらに興味のある方も歓迎します。

進路

国家試験受験資格

診療放射線技師

進路

就職・進学について