金沢大学医薬保健学域保健学類 金沢大学大学院医薬保健学総合研究科保健学専攻

看護学専攻 - 保健学類5専攻

専攻の理念

本専攻は、大学院教育を有する総合大学の特質を活かしながら、今の社会が看護職に求める保健ニーズに対応できるように、看護の専門知識と優れた技術を教授し、看護職に誇りと責任がもてる実践者を育成します。

また、看護職者として生涯学習の基盤となる知識や技術を習得し、メンバーシップを養う基礎教育を提供します。

すなわち、将来、実践・教育・研究分野のリーダーとして看護の発展に貢献できる人材を育成することで北陸の基幹大学という使命と地域から期待される役割に応えます。

教育目標

本専攻は、第1にヒューマンケア精神と職業倫理をもち、多様な価値と国際的視野をふまえて、
優れた看護を展開できる看護実践者の育成をめざします。

第2に、看護の質の向上と看護学の発展に貢献できる基本的能力を習得し、建設的な思考で、改革にむけて取り組み、活躍できる人の育成をめざします。

そのため卒業時に以下の能力が修得できていることを目標に掲げます。

  • 看護職者の役割と責務を理解して、看護上の意思決定と倫理規範に照らした基本的な行動をとることができる。
  • 多様な健康レベルの人間を理解し、基本的看護技術を用いた健康回復・維持・増進への支援ができる。
  • 保健・医療・福祉チームにおける看護職者の役割・機能の基本を理解し、他職種と協働的関係を形成できる。
  • 専門職として基礎的段階にあることを理解し、看護職者として成長・発展できるように、主体的に課題探求・解決できる姿勢を身に付ける。

専攻案内

看護学は人間の健康問題に対する反応に焦点をあてて活動する実践科学です。高齢化,核家族化,慢性疾患などの増加により,看護の働きかけは病院内だけでなく,健康教育も含め,家庭,学校,職場,地域に生活する個人・家族・集団におよびます。

本専攻は、大学院教育を有する総合大学の特質を活かしながら地域・社会が求める健康な生活や保健ニーズに対応できるように、看護の専門知識と優れた技術を教授し、看護の職業に誇りと責任がもてる実践者を育成します。

また、看護職を担う者として生涯学習の基盤となる知識や実践技術を習得し、リーダーシップを発揮できるための基礎教育を提供し看護の発展に貢献できる人材を育成することで北陸の基幹大学という使命と地域から期待される役割に応えます。

進路

国家試験受験資格

看護師、保健師※1

※1保健師養成は,平成26年度以降の入学生の方は,選択制を導入します。
保健師免許取得後,都道府県教育委員会に申請することで,養護教諭2種免許を取得できます。

進路

就職・進学について