金沢大学医薬保健学域保健学類 金沢大学大学院医薬保健学総合研究科保健学専攻

看護学専攻 - 保健学類5専攻

専攻の理念

看護学専攻では、健康にかかわる知識と技術を体系的に学習します。

さらに、学内及び学外の医療、保健及び福祉現場での実習を通じて、高い倫理観、専門職としての使命感、医療チームの一員としての責任を学びます。

また、研究やゼミを通し、将来の看護科学を担うものとして幅広い科学的知識、問題解決方法などを学び、科学技術の進歩や変化に対応するための能力を養うと同時に、看護実践力のある指導者、教育者、研究者となるための基礎も身につけます。

(求める人材)
・看護の専門技術や知識を高めて、社会に貢献する意欲を持つ人
・健康増進・健康課題の改善のために、情熱を燃やすことのできる人
・人間の健康、医療問題に対して国際的視野で貢献したいと強く願う人
・保健の分野で新しい技術や知識を作り出す熱意を持つ人
・看護学及び看護の進歩のために、将来のリーダーとなる夢を持つ人

 

教育目標

看護学の学問特性を理解し、個人や集団の健康に貢献するための方法を実践・探求できる能力を持ち専門職者として自律する人材を育成します。

以下の人材養成目標に到達した者に学士(看護学)の学位を授与します。

  • 保健・医療・福祉分野に共通の教養的資質と専門的知識・技術を修得し,対象となる人々、組織、地域への看護ができる
  • 高い倫理観と人間性を身につけ、医療人としての使命・責任を自覚し、看護が実践できる
  • 看護の専門性に基づき、保健医療チームの一員として連携と協働に貢献し、リーダーシップが発揮できる
  • 看護専門職者・社会人として、科学的・論理的思考で課題探求ができる
  • 人々の健康問題の解決・看護の発展をめざして、研究の基礎を身につけ役立てることができる
  • グローバル社会において多様な人々を理解し関係を築くためのコミュニケーションができる

専攻案内

看護学は人間の健康問題に対する反応に焦点をあてて活動する実践科学です。高齢化,核家族化,慢性疾患などの増加により,看護の働きかけは病院内だけでなく,健康教育も含め,家庭,学校,職場,地域に生活する個人・家族・集団におよびます。

本専攻は、大学院教育を有する総合大学の特質を活かしながら地域・社会が求める健康な生活や保健ニーズに対応できるように、看護の専門知識と優れた技術を教授し、看護の職業に誇りと責任がもてる実践者を育成します。

また、看護職を担う者として生涯学習の基盤となる知識や実践技術を習得し、リーダーシップを発揮できるための基礎教育を提供し看護の発展に貢献できる人材を育成することで北陸の基幹大学という使命と地域から期待される役割に応えます。

進路

国家試験受験資格

看護師、保健師※1

※1保健師養成は,平成26年度から選択制を導入しています。
保健師免許取得後,都道府県教育委員会に申請することで,養護教諭2種免許を取得できます。

進路

就職・進学について