金沢大学医薬保健学域保健学類 金沢大学大学院医薬保健学総合研究科保健学専攻

つるまセミナー

Whats New



過去のセミナーの様子

 
 

令和元年度第1回(通算第96回)つるまセミナーを開催しました!

2019年10月26日(土)15:00~17:00、保健学類1号館1220講義室において、第1回(通算第96回)つるまセミナーを開催しました。 テーマは、「保健学専攻融合ACTIVITIESの推進-5専攻をリンクする研究&教育」でした。

冒頭に、保健学専攻融合ACTIVITY拠点について須釜淳子教授(兼務)から紹介がありました。この拠点は2019年3月末で事業を終了した健康増進科学センターで培ってきた専攻横断型の活動を持続・発展させるために、宮地利明保健学系長が新たな取り組みとして、2019年4月に構築しました。主な活動には石引よろず保健室の運営とSIG(Special Interest Group)があります。今回のつるまセミナーでは、SIGの活動を若手研究者4名が紹介しました。

最初に小西佳世乃助教(健康発達看護学講座)から、「多職間連携によるウィメンズヘルスへのアプローチ」について報告がありました。

授乳中の新生児の抱き方によって母親の姿勢が異なり、その結果、母親の筋疲労が異なることを説明いただきました。

小西 助教
小西 助教

次に米田貢准教授(作業療法科学講座)から、「ストレッチングが筋硬度に与える影響」について報告がありました。

ストレッチングによって筋肉がほぐれるか?を、ストレッチング前後の超音波エラストグラフィーによる画像で説明いただきました。

米田 准教授
米田 准教授

3番目に間所祥子助教(理学療法科学講座)から、「多職業種チームアプローチがもたらす排尿自立・共同授業について」の報告がありました。

骨盤モデルをもちいて、尿失禁に関連する骨盤底筋群の解剖について説明。あわせてリハビリテーション科学と看護科学との共同授業「ライフサイクル理学療法学」についても紹介いただきました。

間所 助教
間所 助教

最後に鏡真美准教授(健康発達看護学講座)から、「健康女性の冷え症可視化に向けた取り組みとセルフケア方法の探求」について報告がありました。

足浴前後の下腿の温度変化を深部温度計、皮膚温度計(熱画像)を用いて測定し、その効果を説明いただきました。また、保温と冷え症、運動と冷え症など多様な観点での取り組みが必要であると強調されていました。

鏡 准教授
鏡 准教授

◎SIGについて関心がある方は、保健学専攻融合ACTIVITY拠点( http://www.well-pro.jp/ )にアクセスしてください。