金沢大学医薬保健学域保健学類 金沢大学大学院医薬保健学総合研究科保健学専攻

News

グラビティMRIの稼働を開始!

金沢大学医薬保健研究域保健学系の宮地利明教授らの研究グループは,株式会社日立製作所と共同開発した任意の体位保持が可能な新たな磁気共鳴画像診断装置「グラビティMRI」の稼働を開始しました。


人類は地球上にいる限り重力の影響を受けますが,その影響は立位や座位,臥位などの体位によって異なり,体位変換時に生体内の循環動態や臓器の機能,関節や筋肉に加わる負荷の度合が変化することが知られています。MRIを使用すれば非侵襲的に生体内の機能および形態情報を取得できますが,装置の構造上,これらの情報のほとんどは臥位において得ているために重力の影響については十分に検討されてきませんでした。任意の体位の画像を取得可能なMRIを使用し,体位の違いによる人体局所の機能および形態情報を取得できれば,生体内環境の非侵襲的モニタリングおよび組織物性や環境恒常性の評価に応用できると考えられます。

この新しいMRIを使用した今後の研究の成果は,体位変化時に生じる頭痛の原因や頭蓋内圧亢進症などの様々な病態の解明に役立つと期待されています。
             

イメージ